スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
「ストレス」が「冷え」に
 なぜ「ストレス」が「冷え」を増大させて
しまうのか?

そもそも人間は、温まった血液を全身に送り
込む事で体温を保持しています。

その働きを司っているのが、自律神経の1つ
交感神経。人間は、寒さを感じると交感神経
が緊張し、末梢血管が収縮。放熱を抑え、熱
を作りだすことで身体を温かい状態に保ちます。

しかし、ストレスが長期間にわたって加わると
交感神経を調節する脳が疲弊。反応が次第に
鈍くなり、末梢の血管が収縮できず、体温調節
がうまくできなくなってしまいます。その結果
血管が開いたままになり、熱が必要以上に逃げ
どんどん冷えてしまうのです。

これこそが、「心の冷え症」の1つの原因。
その結果、内臓だけでなく、人間にとって最も
大切な場所である「脳」まで冷えてしまうこと
があるのです。

脳まで冷えてしまった人は、冷えに対しさらに
過敏な状態になってしまい、さらに冷えると
いう「心の冷え症」の魔のスパイラルに陥って
しまいます。身体を温めてもおさまらない
そんなあなたの「冷え症」も、原因は、日々の
ストレスかもしれないのです。




★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | 健康について | 01:32 | comments(0) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:32 | - | - | -









http://daimajin4.jugem.jp/trackback/524
ストレスを捨てる技術!!
実は私の知人にも数人パワーハラスメント(職権を利用したいやがらせ)によって 退職...
| 教えたい | 2011/06/04 2:53 PM |