スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
低体温と妊娠
 低体温は冷え性に比べ自覚症状があまりない
ので気づきにくいといわれています。病気では
ないけれど、なんとなく身体の調子が悪い…と
いうことはありませんか?

疲れやすい、肩がこる、肌荒れ、生理痛
生理不順、便秘がちなど、これらの症状は「冷え」
が原因なのかもしれません。

低体温と妊娠は無関係ではありません。不妊症の
方で、特に原因が見当たらず、治療の効果があが
らない…。このような場合は、冷えが大きな原因
のひとつと考えられています。冷えているという
自覚がなくても、身体の内部の温度が低いために
機能が低下する場合もあります。

低体温の状態が続くと、血液の流れは悪くなります。
血液には、栄養素や酵素の他に、身体の調子を整える
ホルモンなどが含まれています。卵胞刺激ホルモンは
エストロゲンという物質を分泌し、卵巣に刺激を与え
て卵胞を成熟させるという役割をもっています。

血液の流れが悪くなると、この卵胞刺激ホルモンが
分泌しづらくなり、月経不順・卵巣機能低下・多嚢胞
性卵巣などの排卵障害を引き起こします。

又、排卵を促進するホルモンの伝達が伝わらず、排卵
が起こりにくくなってしまう場合もあります。

このように低体温の状態は、ホルモンのバランスを壊
して女性特有の疾患を引き起こしてしまうことがある
のです。

子宮や卵巣のある下半身は特に冷えやすいといえます。
体温が下がると卵管を収縮させることにもなりかね
ません。そして、生理痛や生理不順、子宮内膜症、子宮
筋腫、不妊症などの原因にもつながっていくのです。

妊娠を望んでいる方にとっても「冷え」は大敵なのです。




★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | 妊娠 | 01:18 | comments(0) | trackbacks(2) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:18 | - | - | -









http://daimajin4.jugem.jp/trackback/546
子宮筋腫を自分で改善できる方法
手術やホルモン療法に頼らなくてもあなた自身で簡単にたった14日で子宮筋腫を改善できます。
| 子宮筋腫改善プログラム | 2011/06/25 5:52 PM |
あなたは便秘でお悩みではありませんか?
「毎日スッキリしたい」「もう便秘薬には頼りたくない」あなたがそう思っているのなら、現役モデルが2年間の試行錯誤の末にたどりついたモデル流便秘解消法をお教えします。
| モデル流便秘解消法 | 2011/06/25 6:20 PM |