スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
熱中症が起こる仕組み(メカニズム)
 熱中症が起こる仕組み(メカニズム)は、ヒト
の体温を調節する機能に関係があるため、まず
は体温調節の仕組みを見ていきます。

これを知っておけば熱中症を予防する上で役に
立つでしょう。
 
1.皮膚の表面から熱を放出
2.汗をかいて、その汗が蒸発する際の気化熱
    を利用する
 
体温よりも気温が低い場合、空気中へ熱を発散
でき、体温の上昇を抑えることができます。
湿度が低いと汗をかくことで熱を逃がし、体温
を保つことができます。
 
しかし、体温より気温が高くなると、空気中へ
の熱の放出が困難になり、体温調節は発汗だけ
に頼ることになります。

このとき、気温が高いのと同時に湿度も75%
以上になると汗が蒸発しなくなります。
汗による体温調節もできなくなってしまうのです。
 
熱中症は、このように体温調節機能が十分でなく
なって体温が上昇してしまう機能障害といえます。
 
また、熱中症は炎天下の外でのみ起こると思われ
がちですが、室内でも起こる可能性があります。
 
体の筋肉から大量の熱が発生したり脱水などの影響
から、寒いとされる環境でも発症する場合があります。

暑さだけが熱中症を引き起こす要因ではないので
注意してくださいね。



★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | 健康について | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:26 | - | - | -









http://daimajin4.jugem.jp/trackback/603