スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
江戸時代、甘酒は夏バテ防止栄養ドリンクだった?
 夏バテ対策に南さんが甘酒をオススメする理由
それは“飲む点滴”
あるいは“天然のサプリメント”と呼ばれるほど
人間にとって不可欠な栄養素をたっぷりと含んで
いるからなのだそう。

一般的に甘酒といっても、酒粕由来のものと麹由来
のものがありますが、どちらもブドウ糖やアミノ酸が
豊富な上に、エネルギー代謝に必要なビタミンB群も
多く含んでいます。

暑くて口にものを入れにくいときにも、飲み物なので
抵抗が少ないですよね。栄養価が高く吸収も良く
エネルギーに効率良く替わる。これこそ、甘酒が
“飲む点滴”と言われる所以です。

でも、甘酒と聞くと、なんとなく冬を連想しがち。
でも、実は俳句だと甘酒は夏の季語。江戸時代には
夏の飲み物として愛飲されていたという文献も残って
います。

庶民にとって、まだ砂糖が高級な甘味料だったころ
甘酒はとてもおいしい飲み物だったことでしょう。
また、今のように栄養状態が良くない庶民の暮らし
ぶりでは、暑気あたりや食中毒などから生命にかかわる
深刻な状態になることもあり、甘酒はおいしく栄養補給
をしてくれる食品だったのだと思います。

ちなみにこの時代の甘酒は、米麹と米飯、水を混ぜ
合わせ、長い時間をかけて糖化させるという製法で
つくられていたのだそう。

現在は米麹と酒粕を主原料とし、砂糖や食塩などで
調整するタイプもありますが、どちらも栄養成分が
豊富な点に変わりはありません。

おいしくて気軽に飲める甘酒は、今も昔も日本の人々
の疲れた体をやさしく癒してくれるのです。



★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | 夏バテ | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:10 | - | - | -









http://daimajin4.jugem.jp/trackback/942