スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
切り替える ずらす 減らす 出来ることから取り組む
 各家電のおおよその消費電力と特に節電が必要と
される時間帯がわかったところで、改めて、自宅
ではどんな節電ができるのか見直してみましょう。

一般に、そのポイントは『切替える』『ずらす』
『減らす』の3つなのだそう。

「なかでも注目したいのが、『切替える』です。
『切替える』とは電気を使わない方法を探ること
ですから、その分消費電力はゼロになります。

『ずらす』『減らす』ではゼロにはなりませんよね。
それに、『切替える』という発想、行為はとても
クリエイティブ。

たとえば、炊飯や湯沸かしなどの『加熱』『保温』を
ガスに切替えることで節電の一助にしているとか。

チェックしたように、キッチンには消費電力が高い
家電が多いですから、この発想の転換は節電に大きく
役に立ちそうです。

とはいえ、冷蔵庫や水槽のエアーポンプのように、現状
では電気に頼るしかないものもあります。

また、35℃以上の酷暑日にまで、節電のためとエアコンを
我慢して体調を崩したのでは本末転倒です。

こどもは、大人のようには体温調節できないため、エアコン
を使わざるを得ません。

ただ、その時も、冷えすぎず暑すぎずの29度前後にするなど
消費電力をおさえる努力をします。無理し過ぎず、できる
ことから取り組む。それが、節電ライフを快適に、長く
続ける秘訣だと思います



★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | 節電 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | - | -









http://daimajin4.jugem.jp/trackback/969