スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
夏の冷えが自律神経のバランスを乱すその疲れ、冷房病のせいかも!
 「たかが冷え症」と甘く見て放置していると
どうなるでしょう? 

重度の冷え症になると、自律神経の働きが麻痺し
血管の収縮と拡張の機能がきちんと働かなくなって
しまうこともあります。

こうなると、冷房の風に少し当たっただけでももの
すごく寒く感じたり、温暖な季節でも冷え感が抜け
きらないようになってしまうこともあります。

しかもおかしなことに、重度の冷え症になると手足
が冷えるどころか、ほてることがあります。

たいていの場合、同時に体の芯の冷えも感じますが
手足が温かいので「自分は冷え症じゃないのかも?」
と勘違いしてしまうことが多いのです。

しかし、この手足のほてりは自律神経の麻痺によるもの。
決して体が温まっているからではありません。

「次世代型冷え症」などと呼ばれています。



★   私(堤 昭人)の岩盤浴サイトです。



★   私(堤 昭人)のやっている会社です。




★   ビル用エアコンのコストダウンならこのサイト  ★
| tutumiblog | ブログ | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -